コンテンツ

年金担保でお金を借りることのできる唯一の方法

年金担保でお金を借りることのできる唯一の方法

年金受給者がお金を安心して借りることができる唯一の方法が、独立行政法人福祉医療機構の年金担保融資制度です。年金を担保に、生活必需品の購入や、医療、福祉、冠婚葬祭の費用などに利用できます。

[年金を担保にお金を借りられる唯一の方法]
お金に困った年金受給者のために、安心してお金を借りることのできるように国が作ったのが福祉医療機構の年金担保融資制度です。なお、福祉医療機構以外に年金を担保にお金を貸すことができるところはありません。もし民間の業者で年金を担保にお金を貸しているところがあれば、それは闇金業者と考えてよいでしょう。福祉医療機構以外からお金を借りないように注意してください。

[借入金額や利率について]
年金担保融資制度では借入金額の上限を以下のように定めています。借入可能な金額は10~200万円の範囲内が基本ですが、生活必需品の購入用途の場合は10~80万円となります。この範囲で受給中の年金の0.8倍以内が実際に借りられる金額です。ただし、1回の返済金額の15倍以内の金額とします。融資の利率は年金担保融資が2.1%、労災年金担保融資が1.4%(平成29年9月1日現在)です。なお、連帯保証人は原則必要ですが、立てられない場合は信用保証機関の制度が利用できます。