コンテンツ

日曜日にカードローンを申し込んでその日のうちにお金を借りる方法

日曜日にカードローンを申し込んでその日のうちにお金を借りる方法

消費者金融のなかでも大手なら日曜日にお金を借りることは可能です。無人契約機やATMが整っているところなら、申し込みから振込まで即日で完了します。アイフルアコムプロミスモビットなどなら、日曜日でも祝日でもお金を借りることができます。ただし、カードローンの申し込み方によっては時間がかかる場合もあるので、日曜日に申し込みから融資までを完結させるなら、以下の流れで手続きを行いましょう。

[申し込みの流れ]
まず、申し込みはインターネットから行います。その際、本人確認書類は必須ですのであらかじめ用意しておいてください。運転免許証やパスポートで大丈夫です。申し込みができたらすぐに審査が行われます。審査にかかる時間は業者や申込者の状態によって違いはありますが、早ければ30分程度で回答があるはずです。電話かメールで回答を受け取れる状態にしておきましょう。審査の結果、融資可能と判断されたら、次にやることは無人契約機でローンカードを受け取ることです。カードがあれば無人契約機に設置されているATMでも提携のコンビニATMでもお金を引き出せます。

[申し込む時間に注意]
基本的には上記の流れに従えば、日曜日に申し込んでもその日のうちにお金を借りることは可能です。ただし、申し込みの時間帯によっては即日振込ができない場合もあるので注意してください。いくら消費者金融業者がスピード審査をしてくれても、無人契約機の営業時間が終わってしまっていてはその日のうちにお金が借りられません。審査結果が出るのに短く見積もっても30分は必要ですから、無人契約機の営業終了時間から逆算してある程度の余裕を持って申し込んでください。もちろん、自宅で申し込むのであれば、自宅から無人契約機の場所に行くまでの時間も計算に入れておかなければなりません。時間が迫っている場合は、先に無人契約機まで移動しておき、その場で審査結果を待つ方がよいでしょう。審査の結果、融資不可と判断されれば残念ですが、融資可能の場合は即座にカードを発行してお金を引き出すことが可能です。なお、借入方法は消費者金融のATMからの引き出しがマストです。消費者金融は銀行振込にも対応していますが、日曜日には銀行が営業していないため、振込が反映されるのは翌日の月曜日になってしまいます。

[銀行は不可]
ちなみに、消費者金融ではなく銀行ではどうかというと、銀行では日曜日にお金を借りることは不可能です。以前は即日融資が可能なところもありましたが、審査方法が2018年より厳しくなったため、審査には最低でも数日を要するようになりました。日曜日はもちろん平日でも即日融資は不可能です。